めざせ子ども像

                     本園は、子ども達に、充実した楽しい集団生活を経験させながら

                         次のような子どもを育成することを保育の目標とします。

 

≪ 元気な子ども≫
◇ 歩く・走る・跳ぶなど戸外での活動を十分に楽しむ。
◇ 健康で十分な発育ができるよう薄着の習慣を身につける
◇ 運動や休息・栄養をとり、規則正しい生活をおくり、自ら安全を守るような生活習慣及び態度を身につける。
◇ くつろいだ雰囲気の中で情緒が安定し、意欲的にあそぶ力を育む。

≪ 身辺処理のできる子ども≫
◇ 食事・排せつ・睡眠・着脱衣・清潔などの正しい習慣を繰り返し自立の芽生えを養う。
◇ 身の回りの簡単なことは、自分で処理する力を育む。

≪ 仲のよい子ども≫
◇ 積極的にあそびや生活ができるようにし、自主協調といった社会生活の基礎となるような態度を養う。
◇ 相手の人権を尊重し、思いやりのある心を育てる。

≪ 考える子ども≫
◇ 生活の中でことばへの興味や関心を育て、豊かな情操、思考力・表現力の基礎を培う。
◇ 自然の世界に多く触れ、豊かな体験を通して自分なりに物を見たり感じたり考えたりして、豊かな感性と創造性の芽生えを培う。
◇ 自然に対する知的興味や関心を育て、思考力・認識力を培い,科学的に観察する力を養う。

≪ 生きる力を持った子ども≫
◇ 自然の中で友だちと関り活動する中で、正しいと思うこと分かりやすく話し、行動する力や、困難に立ち向かい我慢する力を育む。

 

年齢別保育目標
< 0 才児> 感覚機能を刺激し、生活能力を高め情緒の安定をはかる。
(1) 喃語を多発させ言葉の成長につなげる。
(2) 離乳食をスム- ズに完成させる。
(3) 歩行の開始を助長する。
< 1 才児> 情緒の安定をはかりながら、社会的行事の芽生えを大切にする。
(1) 歩行を完成させる。
(2) 基本的生活習慣を助長する。
(3) 事物、音、声に興味をもたせ言葉を育てる。
< 2 才児> 生活領域を広め自我の確立をはかる。
(1) 色々なものに進んで興味を持たせる。
(2) 自分の意志を言葉で伝えさせる。
(3) 自分の考え態度をはっきり表現させる。
< 3 才児> 生活経験を豊かにし社会性の芽生えを育てる。
(1) 遊びの領域を広め言語活動を活発にさせる。
(2) 基本的運動機能を発達させる。
(3) 基本的生活習慣を完成に近づけさせる。
< 4 才児> 自発活動を通し自主性を育てる。
(1) 遊びを組織化させる。
(2) 体力をつけ知的要求を高めさせる。
(3) 自己主張をはっきりさせ自主的な行動をとらせる。
< 5 才児> 意欲的活動を通して自立協調の態度を養う。
(1) 感情表現をはっきりさせる。
(2) 自分以外のものを認めることが出来るようにさせる。
(3) 生活を活動的にさせる