9月2日(木) 避 難 訓 練(火災)

早速の避難訓練です。

今日はお友だちが園庭で遊んでいる場面での訓練となりました。

各クラスの先生からの報告では放送が聞きづらいという意見もありました。

毎回の避難訓練ではいろいろな”気づき”があります。次に活かしていきたいです。

 

9月1日(水) 防 災 の 日

91日を防災の日といいます。

自然災害に備えることの大切さを考える日です。

地震、台風、それらによって起こる土砂災害や洪水、火事この地球には、いろいろな災害があります。(ここ南房総でも2年前に大変な被害を被りました。ちょっと怖い話になりますが、この事を子供達に伝えるのも重要だと認識しています。

98年前の関東大震災によって大きな被害をもたらしたこの日にちなんで制定されました。

こどもの森では毎月1回避難訓練を行い、いざと言う時自分たちの身を守る備えを考えています。

日頃の行動が大切だと思います。

「非常食」ということばを知っているお友だちもいました。

「災害は忘れた頃にやってくる」と言われてきました。災害を受けないようにする為の祈りに満ちた教訓にも思えます。しかしながら現在では忘れるどころかしつこいほどに毎年災害が訪れます。世界規模で。

今回 認定こども園 OURSさんのご厚意で非常食を沢山譲っていただきました。ありがとうございます。